昔のミズノT-ZOID 1番アイアンにWGSLの飛距離エンペラーMasatakaが挑む。

Masataka君はツアープロを目指す大学生で、ベストスコアは61です。

彼のコースでの番手飛距離は、7番アイアン(ミズノ MP-68)で210yです。(ブッシュネル計測)
勿論振れば220y飛びます。
ただ 230yともなると、フォローや打ちおろしといった条件がないと流石に厳しいようです。

今年(2015年)の学生連盟杯という試合でも、連日570yのPar5を2鉄+2鉄で2オンさせる飛距離を持っています。

ちなみに、ゴルフ5等の甘口計測器だとドライバーがヘッドスピード62超え、350y超えの数値が出ます。(勿論45インチです)

WGSLチャンネル登録はこちら↓

WGSL対決シリーズ第2弾ドラコン編 300y超え↓

WGSL対決シリーズ第1弾ドラコン編 300y超え↓

天才Shotaroの280yドライバーショット↓

天才Shotaroの7番アイアンショット↓

天才Shotaroのひざ立ち250yショット↓

Fujunの膝立ち打ち250ヤードショット↓

Fujun300ヤード超えドライバーショット↓

masatakaドライバー驚愕の330ヤードショット↓

masataka2番アイアンで270ヤード↓

masatakaひざ立ち打ち250ヤードショット↓

masataka4番UT(21.5度)で260ヤードショット↓

Ryotaのこれぞお手本バンカーショット↓

Toshiの300ヤードドライバーショット↓

※※みなさまへのお願い※※
動画に関する感想などコメントを頂ければ幸いです。
また、『チャンネル登録』と『いいね!』でWGSLのジュニア・学生たちの応援ヨロシクお願いします!

よく視聴されている「ゴルフアイアン動画」