◆ チャンネル登録&コメント投稿はこちらから↓ ◆
 ゴルフの裏ワザ   
**************************************************************
アドレス時よりも手首が伸び切って、かなり手元が高く浮き、体から離れてしまう。
さらにスイングの遠心力からトゥダウンが加わり、フェースは右を向いて下りてくる。そのまま右に出るか、体が反応して手首を無理矢理返してチーピンになるか。
これが右左療法ミスが出る原因の一つです

手元が低いインパクト。つまり、右手とシャフトに角度がついた状態をインパクトまで保つことが必要です、そうすればフェースが真っすぐな時間が長い。
曲がり幅が極端に小さくなるから、ドライバーで“狙う”感覚を持てるようになる。

手元が低いと…「フェースは開かない」

手元を低い位置に下ろせると、手が体から離れずに、ヘッドが体の回転と同調するのでインパクトがスクエアになる。しかも、ボールの前後は真っすぐ動くので、フェースの開閉がゆっくりになり、ボールを押す時間が長くなる。これが曲がらない理由です

手元が浮くと…「フェースは開いて下りてくる

フェースが開いたまま当たると右に飛ぶ。それがわかっているから手を返すという悪循環が典型的なパターン。真っすぐ飛ぶには一瞬のタイミングがピタリと合うしかない

それでは手元が浮く原因は何か

1.飛ばそうとすると体がインパクトの前に、早々とターゲット方向を向いてしまう。
結果、クラブが寝て、さらにヘッドの重さに引っ張られて手元は浮きやすくなる。ヘッドが下がるとクラブの動きは制御できないので手打ちになる。

2.右肩が下がること。アッパー軌道を意識していると、ヘッドを下から入れたくなる。すると右肩が下がりやすい。ダウンスイングで右肩が下がると、クラブが寝て、
手元が浮く原因になる。右肩は高い位置をキープさせるのが正解だ。

3.ダウンスイングで腰が前に出ると、手元が低く通るスペースがなくなる。
同じように、右ヒザが前に出るのも、手元が浮いて、クラブが下から入る動きを誘発する。

解決策は

インパクト時ヘッドを走らせようとばかり意識しているから、右手が下りて
来るのを待っています、その時は左肩が支点になって止まってしまうゴルファー
がほとんどです
切り返しで左肩を背中側に回すと、体の正面にクラブを下ろすスペースができる。
インパクトで詰まらないから、ヘッドを低く長く動かせるようになる。
体の回転を止めずに、右肩が体のセンターにくるのが重要なポイントのようです

***********************************************************
引用先:ALBA

ゴルフの裏ワザ

ゴルフクラブ

委員会それを言っても

twitter SHINOCHAN

Facebook ゴルフの裏ワザ

当チャンネルは著作権、肖像権の侵害を目的としているチャンネルではありません。
当チャンネルに掲載されている、文章・画像・動画等の著作権は、各権利所有者・団体に帰属します。
掲載物において問題がある場合は権利者本人様より直接ご連絡をお願い致します。
確認後、即座に修正・削除等の対応をさせていただきます