◆ チャンネル登録&コメント投稿はこちらから↓ ◆
 ゴルフの裏ワザ   
**************************************************************
5番アイアンをバッグから抜いている人も多いと聞きます

5番アイアンは、バッグに入ってはいるものの難しくて敬遠しがち、そんなクラブかもしれません。つかまらない、ダフリそう、上がらない…。そんなイメージのある人も、もう大丈夫。

5番を打ちこなすにはヘッドが走ることが必要だです
7番は自信が持てるのに、6番、5番を握った途端に打てる気がしなくなるのはどうしてか。

当てにいくスイングではダメ、フォローがとれるようにします

7番までは自信が持てる』というのは、ロフトに助けられている部分が少なくないんです。7番までは誤魔化しながらでも打てますが、長くてロフトが立った5番は、
ヘッドが走らないとボールにバックスピンが十分にかからず、上がりません。
だから飛ばないし、上げようとすくい打つスイングにもなってしまうのです」

「真っすぐ打ちたいからって、打った後にフェースを上向きにキープするとヘッドは走りません。曲がりそうという不安があるかもしれませんが、ヘッドは返さないと走りません。ヘッドを返せば低く長いフォローになり、ヘッドスピードが増すのでボールも上がります

ヘッドを返すには、ヒンジングすなわちバックスイングで、左手を手のひら側に
折ります、意識としては右手甲を後ろに倒すイメージです

これを補助として使えばよりヘッドスピードをあげられます

「グリップエンドが自分の体を向いているかどうかがチェックポイントです。

常にグリップエンドが体を指し、手元の動きが少ないほどヘッドは走ります

宮里優作のHS/7I=40.7m/s、6I=42.6m/s、5I=45.0m/s

アマチュアのHS/7I=39.0m/s、6I=39.1m/s、5I=38.5m/s

***********************************************************
引用先:

ゴルフの裏ワザ

ゴルフクラブ

委員会それを言っても

twitter SHINOCHAN

Facebook ゴルフの裏ワザ

当チャンネルは著作権、肖像権の侵害を目的としているチャンネルではありません。
当チャンネルに掲載されている、文章・画像・動画等の著作権は、各権利所有者・団体に帰属します。
掲載物において問題がある場合は権利者本人様より直接ご連絡をお願い致します。
確認後、即座に修正・削除等の対応をさせていただきます