◇◆◇ 視聴者様へ「チャンネル登録」のお願い ◆◇◆
皆様の「チャンネル登録」や「コメントの登録」が、日々の動画をアップロードする励みになりますので、上の登録ボタンをクリックいただき、登録をよろしくお願いします m(_ _)m
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

********************************************************
フィルミケルソンの、ドライバー改造情報
インストラクターのアンドリュー・ゲコンと フィルミケルソンは、今季に向けて、オフにスイングプレーンを修正しました
フィルミケルソンの修正された事柄のうち、最初に気づくのは、彼のアドレス姿勢が本当に改善されたことです。@

彼の背中はよりまっすぐで、彼の顎は(写真No.1のように)あまり押し込まれていません。
これにより、クラブをスイングするスペースが増えます。@

彼がクラブをスタートさせるとき、私が本当に好きなのはスイングアークが広いということです。
クラブは真っ直ぐ後ろに移動し、内側は少なくなっています。

彼は長いバックスイングを持っていますが、以前よりも短くなっています。
彼が本当にバックスイングで取り組んでいることは、彼のフットワークです。@

彼の背中は過去よりもはるかに固定されているので、より安定したプラットフォームからスイングすることができます。
また、彼の頭がかなり残っていることに気付くかもしれません。

それは堅実にクラブをボールに戻すために重要です。
背中を固定して揺れずにスイングをすると、スウィートスポットで確実に打てます。@

フィルのスイング面は、より垂直に戻り、フラットになっている

フィルミケルソン の古いスイングでは、クラブを大きく広げすぎることと、手にあまりにも頼っていたため、スイングの正確さが損なわれていました。
スイングプレーンの改良に取り組み、タイミングに頼る必要がなくなりました。@

今、彼はスイングのトップに近づくにつれて少し上向きです
1年前の同じ位置と比較した場合、クラブのシャフトはよりアップライトに、たっています。@

レッスンでは、やや急なバックスイングで、目標ラインの内側からクラブを適切にスイングさせる余地があると感じることができます。
あなたは彼が下に振っている状態を見ることができます。シャフトがどのようにフラットになっているかに注目してください。

フィルミケルソンはこのような写真を見ると、彼は左腕の下に落ちるのが好きです。
彼の手がダウンスイングで遅れているところを見てください。@

フィルミケルソンはそれを強く打つ方法を知っていますが、もっと距離を伸ばそうとしている場合、バランスを失うことなくできるだけ早くスイングすることを忘れないでください。
あなたはボールが、80%の力で、どのくらい遠くに飛ぶかに驚くでしょう。
アンドリュー・ゲコンのコメントでした@

アンドリュー・ゲコンは2015年後半にフィルミケルソンのコーチングを開始しました。

********************************************************
引用先:ゴルフ「80を切る!」日記
アイアン長いゾーンアタックドリル ハンドファーストが必須 欧米式上級編

ゴルフ何を振っても真っ直ぐ飛ぶ?!XでもLでも関係ないドライバーショット【WGSL】WGSLレッスンgolfドライバードラコンアイアンアプローチパター

【ゴルフの裏ワザ】70台で回る人のパターン

【ゴール裏ワザ】アメリカのプロがすすめている上級者が必ず行っていることとは

ゴルフの裏ワザ】軽く打って飛ぶショットとは… PGA Qスクールニュースから

スローなスイングで動作改善(まとめ)

【ゴルフの裏ワザ】寄せが急にやさしくなりました、短い寄せではシャフトを握れ

【ゴルフの裏ワザ】うまいゴルファーは腕があごの下を通過する

【ゴルフの裏ワザ】拳を下に向けよ ベンホーガンの教え  Golf Digest

【ゴルフの裏ワザ】「アドレスで手を前に突き出すな」トム・ワトソン

【ゴルフ裏ワザ】カナダのインストラクターが明かす プロしか知らない飛ばす秘密
神ベン・ホーガン(Ben Hogan)ゴルフスイングの真髄!永久保存の貴重映像

レッスン70台で回る。欧米式