←ダウンロード
ゴルフナレッジ『知らなきゃ上達できないゴルフの基礎』
テキスト77ページ&動画20分の永久保存版!!

『ロングアイアンが上手く打てません。
ロングアイアンが得意になる練習方法を教えてください。』

ロングアイアンは皆さん悩まれますが、上手く打てない原因はどうしてもロングアイアンでボールを打ちにいってしまいます。
これは、ロングアイアンではNGな動きになります。払いうちのイメージの方がいいでしょう。

では、打ちに行ってしまう動作を消すためには、どうしたらいいか。

7ミリぐらいの高さでティーアップします。だいたい、ドライバーと同じぐらいと思ってください。
ここで、ティーをうたずに、ボールだけを打つ練習をしてみて下さい。クリーンにボールをとらえる練習です。
この時、アドレスはボールの高さでかまえます。

ここで意識するポイントは、骨盤のライン、つまりベルトの角度です。
この高さ・角度が変わってしまうと、ボールは打てません。
この高さをキープしたまま回転をするイメージをもって、ボールを打ってみてください。

アドレスの腰の高さを変えないようにスイングしてみて下さい。
ロングアイアンが打てるようになると思います(^^ゞ

追伸・・・高反発ドライバー試打しました!やはり高反発は飛びますね!
     ルール適合クラブより20yも飛びました~(*^_^*)
     改めて、その凄さを実感!!
     競技に出ずに、プライベートゴルフ中心の方には最適です!
     だって20y飛距離がアップすれば、世界変わりますからね☆

ゴルフダイジェストが一番飛ぶと絶賛した高反発はこちら⇒